◯◯は話し方次第で9割うまくいく そうです。




c0230109_17444244.jpg


日曜日 けんかして気まずくなって 散髪に出かけた夫。
帰りにケーキ買ってきてくれました。



タイトルの◯◯は ‘夫婦‘でした!
数日前の新聞の一番下の 宣伝欄に そんなタイトルの
本の紹介がありました。
サブタイトル ‘夫婦の危機を救う本‘
いざって時に ポチっとして 購入しようと 切り取って 
私の 欲しいものリストの中に入れました(笑)

話し方次第で・・・ って 確かにそうだろうなぁ。
長年一緒にいると ちょっとしたことで 話の中にも思いやり なくなってるからね、私も あなたも。

そういえば 先週 中学校の懇談で 毬ちゃんの担任の先生と話してた時に
‘こんなタイトルの本があるみたいなんですよ!‘って 私が言ったら 先生も
‘私も 新聞で それ 見ました。‘って 言ってらっしゃいました。
みんな結構 見た事あるかも(笑)

‘もし 私が購入したら 貸しますね!‘って 冗談で言ったら
‘ぜひ お願いします。‘って 結婚一年目の先生は真面目な顔でした。

そんな話は もちろん 本題の 公立高校志望校 最終決定の話のあとにしましたけれどね。


c0230109_17533032.jpg

昨日は 仕事先で頂き物したとかで いちご大福のお土産でした。

ケーキとかおやつ買ってきたら 喜ぶと思ってるようです。
まぁ 何もないより うれしいけどね。



今週のお弁当

月曜日 
エビフライ(毬ちゃんは エビフライはいやだそうで たれ漬けのから揚げ)
ひじき煮、青梗菜のナムル、ハム入り玉子焼き
c0230109_17553967.jpg


火曜日
紫蘇チーズ巻きとんかつ、コールスローサラダ、前日のひじき煮入り玉子焼き
さつま芋のスティック、野菜天ぷら
c0230109_1815455.jpg


水曜日
ピーマンと豚肉の生姜焼き、小さなイカとウズラ卵の煮たの
カボチャの煮もの、青のり入り玉子焼き
c0230109_18371533.jpg



昨日 私の車 どこからか油が漏れてたらしくて 夕方 車屋さんに
持って行きました。
オイルとエレメンツ?の交換でなおったのでホッ。

その後 夕方遅くに家に帰ってきたら 午後の授業から なんだかしんどかった 
とかで毬ちゃん、塾休みました。
熱はないんだけど(風邪でもノロでもなさそうだけど) ちょっと頭痛がして
しんどいそうで 今日も学校と塾休みました。
明日は元気になるといいけどなぁ・・・





ここから・・・  スルーしてくださいね。
ちょっと話が長くなります。 ごめんなさい。




今朝 私職場の病院に着いて 更衣室で着換えて 外来を通って
薬剤部(仕事は事務です)まで行く途中 すれ違う患者さまや出勤の方と
いつものようにご挨拶していて・・・

顔揚げて見たら知り合いの 近所のご主人。
私が7年前に住んでいた 今の家から200mくらい離れたところの
とてもお世話になった ご近所さんです。
奥様が 入院されているそうで 
ご主人はとても 寂しくて不安なご様子でした。

お昼に仕事を終えてから 病室にお見舞いに行ってきました。
70代後半の奥様、二か月ほど前から 息が苦しくて
食べれなくなったそうで びっくりするほど痩せ細ってらっしゃいました。
私が行ったこと とても喜んでくださって・・・
息が苦しいのに おしゃべりしたりして 後で 疲れてらっしゃらないかなぁって
ちょっと心配です。

16年前 まだ6か月だったお兄ちゃんを連れて家族三人で引っ越してきた古い住宅街。
常識的なこと 知らない 若い家族だった 私たちを 優しく迎えてくださいました。
その7年後 少し離れた若い人ばかりの 新しい区画に引っ越しましたけれど
前に住んでいたところは 本当に 色々教えて下さって見守ってくださる
年配の方が沢山いらっしゃって 有り難かったなぁって いまも思う毎日です。

お子さんがいらっしゃらないご夫婦だったので うちの子供たちの事
本当に可愛がってくださって、引っ越した後も 地域の活動で見守って
下さいました。

‘食べられないのよ・・・  歩行器使ってちょっとくらい歩きたいんだけど
 看護師さんには 頼りないから危ないからダメって 言われてるし。‘って 奥様。
人手不足の病院では そこまでのケアはなかなか出来ないんだなぁって
ちょっと内情が分かるだけに 悲しく思いました。

こういう時 自分の母だったら 一日の内 少しの時間でも 行って
相手するなり 付き合ってあげるのに、と思うと 何かじっとしていられなくて。 
でも 赤の他人の私 どこましていいのか 悩みます。

朝早くから 出勤の私と同じ時間に 病院にいらっしゃった ご主人様には
‘朝 7時半までに 電話くれたら 急ぎで持って行くものとかあったら
 私取りに伺って届けますよ。遠慮せず言ってね!‘って
お声かけて 自宅の電話番号と携帯番号渡しておきました。

‘何か出来ることあったら ほんとに言ってね!
 お見舞いとかちょこちょこ行ってもいいかなぁ?‘って お聞きしたら
‘一週間に一度でも 顔出してもらえたら うれしいよ‘って ご主人。

うちの母は 数年前に二度 膝関節交換手術で 一か月ほど入院しましたけれど
まぁ 多少術後のなおり具合に 一喜一憂して一時本人がナーバスにはなったのですけれど
食事もとれたし(私も毎日通ったし) そう問題はありませんでした。
だから 身近にこういうケースが無くて・・・

出しゃばらず ご迷惑にならずに 私にも何かできることがあればと思っています。 
良いアドバイスがあれば お願いしますね。






穏やかで平和な毎日でありますように。
[PR]
Commented by hagukitchen at 2014-01-30 07:23
私の叔父叔母の話ですが、
叔父が倒れ起死回生、ですが介護状態に。数年後叔母が倒れ、そのまま叔父は一人になりました。
介護士さんが自宅にきてくださってたのですが、年末、施設に入ることを決めました。
大きな家から、6畳の部屋にいる叔父をみて、
なんともいえない気持ちになりましたが、穏やかな人です、
これでいい、これがいいいと、目の前のこと全てを受け止めている様子でした。
大きな家に訪問するよりは、施設に顔を出す方がなんとなくいきやすいな・・・なんて思ったりしています。
何もできませんが、気遣って顔を見せにくる、そんな存在で
帰省した時には必ず行こうと決めました。
思いは十分伝わっているかな・・・
どのくらいの距離感、むずかしいですね。

ご主人のケーキ、コミュニケーションツールですね。
たいせつに思ってくれているんですね。ほろっときました・・・

夫婦の会話力、私がほしいものです。

今はただ、奥様の回復を祈ります。

お仕事しながら家庭のこともしっかりなさって、そのうえお届けものまでかってでるkodemariesさんに、エールしかおくれませんんが・・・
Commented by chocottoo2 at 2014-01-30 09:05
とても、素敵なことだと思います・・・。
やはりどこまで・・・??って考えちゃいますが・・・声をかけて貰うってとても嬉しい事だと思います。。。
私も・・・一昨年の暮れにご近所でとても良くして頂いている年配のご夫婦」がいらして、奥様がご病気で入院されていたんです・・・毎年立派なお飾りを玄関の門に飾っていらしたのに・・・
その時はご主人も毎日奥様の病院へ通われ、多分お飾りどころではなかったのでしょう・・・。
で・・・・趣味でwreathを創っていて・・・差し出がましいかと思いましたが・・・しめ縄のwreathを創って持っていきました・・・そしたら、ご主人が涙を浮かべて、喜んで下さり・・・次の日立派な玄関に・・・・不釣り合いな(笑)私のお飾りが飾られていました。。。



それから一年が過ぎ奥様が元気な姿で・・・・あなたが創ってくれたお飾りに付いていたdryのタネをお父さんが育てて・・と2鉢の唐辛子を持ってきてくれました~!!とても嬉しかったです。。。


すみません長々と・・・。

kodemarieさんの考えは中々普通に出来る事ではないと思うんです!!素敵な事だと思います!!
Commented by オータム at 2014-01-30 17:46 x
kodemari_eさんの温かいお人柄に鼻の奥がつーんと・・・
最近ますます涙もろいので・・・

病気の人、困っている人、悩んでいる人、寂しい人・・・一番嬉しいのはその人の寄り添って、一人ではないんだ、気にかけている人がいるんだ、と感じることではないでしょうか。
自分に余裕がなくて、困っているなぁ、元気がないなぁと思っていても、声をかけられないことがあります。
kodemari_eさんがお声をかけてくれたことで奥様だけではなく、きっと精神的に非常に苦しい立場でいらっしゃるご主人もとても元気づけられたと思います。

随分前に亡くなった祖母のことを思い出しました。
家で一人でいる事が多く、母と作ったお惣菜などをよく届けましたが、祖母の家に滞在する時間自体は短かったんです。
手作りのものではなくても、一緒にいて、祖母のとりとめのない思い出話に付き合ってあげるのが本当の優しさだったのに・・・と
祖母を思い出すと後悔するんです。
kodemari_eさんの優しさ、読んでいる私も元気にしてくれました!
Commented by オータム at 2014-01-30 18:21 x
夫婦の危機を救う本のお話^^。
言い方やタイミング、若い時は失敗しちゃうんですよね~
カチンときたら、すぐに言っちゃって、当然大ゲンカしていましたし、気力体力がありあまっていたんですね(笑)
私も甘いものを仲直りに買ってきてもらいたいなぁ・・・。
ご主人の解決方法、ナイスです。

先日、長男にそういえば最近喧嘩しなくなったね、と褒められました^^;
彼は昔の余計なことをよ~く憶えているんですよ~
お母さんも成長したのよ、って言いました。
Commented by kodemari_e at 2014-01-30 21:28
にこりさん こんばんは♪
重い話題に コメント下さってありがとうございます。
身近の方で 実際にそういった事って ありますよね。
人にもよりますけれど 女性より男性の方が 一人で介護や
家の事するのって 大変なような気がして・・・
普段からされてる方ならいいのですけれど すべて奥様任せだった
様子で 奥様も ‘きっと 同じものばかりしか買って食べてないんじゃないかしら?‘って
少し気がかりな様子の言葉が 会話の中にちらっと聞かれました。
老老介護って 本当にこういう事なんだなぁって。
相手の負担になるのもイヤだし 自分自身も最初だけ張り切って
後続かないのも 相手に失礼なので 様子見ながら 少し 何か
出来ないか 探ってみようと思ってます。
私・・・仕事って言っても 昼過ぎまでで 土日は完全お休み。
大したことはないのですよ。
マメな人は 忙しくても 何でもこなすし それに比べたら いつも
のんびりモードで もっと 時間の使い方上手にならないとなぁって
反省の毎日です(笑)
本当に うれしいコメント ありがとうございました。
Commented by kodemari_e at 2014-01-30 21:42
chocottooさん こんばんは♪
お近くの方のお話 本当にうれしく拝見しました。
最近では ご近所のつながりって 自治会も無かったり あまりないですよね。
でも 良くしてくださる 私たちよりもご年配の方々って 本当に
大事ですよね。
chocottooさんの プロフィールのところで ご趣味でwreathを作ってらっしゃるって
そういえば 書いてらっしゃいましたね。
私 そのスペルが理解できてなくて 私のしらない 新しい 手作りの
クラフトかなぁって 思ってました。
リースだったんですね!
それは素敵♡
頂かれた ご主人のご様子 読ませて頂いて 想像して 私まで 涙が出ました。
でも 本当に 奥様良くなられて おまけに リースに付いていた唐辛子を植えて
なんて とても素敵なお話だわ!
読んでいるだけで なんだか 明るい気分になりました。
リースから唐辛子・・・きっと 有り難くて 季節が終わっても捨てたり
もちろんできなくて 何かって 思われたんでしょうね。
素敵なお話 本当にありがとうございました。
私も 何か出来ること 考えてみたいと思いますね。
また うれしい素敵なお話 聞かせてくださいね。
ありがとうございました。
Commented by kodemari_e at 2014-01-30 21:48
オータムさん こんばんは♪
こういう話 知らないだけで 本当は身近に沢山あるのでしょうね。
病院で 偶然お会いして 奥様の入院を知ったのは 本当に何か
ご縁があったからだなぁって 思うんです。
引っ越してきた時 古い住宅街では 小さな子供がいたのが珍しいといって
息子は 皆さんにかわいがってもらいました。
それから 娘が生まれて しばらくして私が離婚して 三人家族になって
その頃から 娘の熱性けいれんがひどくて 度々 救急車を呼んでは
入院したりして・・・
母子家庭でしたから ご近所でも そのご夫婦が とても心配して
下さってたんです。
私 実家が近かったので おかげさまで 何も困ることはありませんでしたけれど
精神的にも大変な時期に 気にかけて頂いただけでも 本当にうれしかったんですよ。
その後 再婚した時も 新しく 近所へ住まいを構えた時も 皆さん
喜んで下さって・・・
だから 何か 出来ること 考えてみようと思います。
↓に続きます。
Commented by kodemari_e at 2014-01-30 21:57
オータムさん 続きです。
おばあ様の事も読ませて頂きました。
でもね 普通 娘が来るだけだったりするけど お孫さんである
オータムさんも ご一緒にいかれた事 きっと 喜んでいらっしゃったんじゃ
ないでしょうか?
私も 祖母が先に無くなってから 祖父が10年ほど一人暮らししていたので
よく様子を見に行きました。
近くに叔母が二人住んでいたのですけれど うぬぼれかもしれませんけれど
きっと私がちょっとだけ 覗いた方が 喜んでいてくれてたと思いますよ。

夫婦・・・の本の事。
まさに 悩んでる人にとっては 救世主みたいなタイトルの本って
ありますよね。
思わず 買いそうになりました。
でも タイトルに問題解決の大まかなところは 書かれてるじゃない!!って 思って
まだ しばらく買わなくて努力しようかと思います(笑)
そうそう 子供って 見てるんですね。
娘も お友達と 両親の話題になったら
‘どこの家も 喧嘩ばっかりしてるよ!!しょうむない言い争い‘
って みんな言ってたそうです(笑)
もちろん 娘も ‘うちもそう‘って 言ってたに間違いありませんけれど・・・
Commented by bettys-room at 2014-01-31 16:32
こんにちは。
ご縁があられるのですね。。。

どこまでしていいのかはホントに悩まれる
ところだと思いますが
入院されてる奥様も預けてらっしゃるご主人も
病院側にお知り合いの小手毬さんがいらっしゃる
だけでも随分と心強い事かと思います
男の方でご高齢だとなかなか届かないところも
おありでしょうし。。。

私も入院を数度した中で(足の持病なので軽いものです)
同部屋の年の離れたご婦人の知り合いは多くあります
退院後に内科系のご病気になられ
お見舞いへ行くことも幾度となくありました
皆様そろって「顔を見せてくれるだけでいいの」
「お話聞いてくれるだけでいいの」 そう仰ってました
もっと何か出来たのではないかな。。。今更そう思うことも
ありますが。。。

ブログを拝見していて小手毬さんとっても
お優しい方だからご夫婦は導かれたのかもですね

こちらでこのようにご夫婦の事を考えておられる事を知ったら
嬉しく思われることでしょうね

Commented by kuumin12 at 2014-01-31 19:35
こんばんは♪
夫婦の・・。頭痛いタイトルです(笑)。
うちは今海外出張中なのですが、ほとんど口を聞くことなく
彼は出発してしまいました。ケンカした覚えもないので、多分
忙しくてかなとと思うのですが。うちは気にいらない事があるとお互い口きかなくなっちゃうんですよ。

アブナイ、アブナイ・・。

お知り合いのご夫婦。kodemarieさんが声をかけてくれて心が和らいだと思うのです。入院生活はご本人も家族も心細さでいっぱいですよね。そんな時に差し伸べてもらえる手は本当にあたたかい。踏み込むのではなく、差し伸べる。
自分自身も子供や自分が入院した時、はぁ~と思った時に声をかけてもらえてものすごくうれしかった事、思いだしました。
Commented by suteki-kira-kira at 2014-02-01 23:21
凄くわかります 私は お節介大賛成!
昔は そういう事してくださる方多かったのに
いつの間にか 迷惑かな~ぁ?と控えめが当たり前になって
寂しいです  できるだけお手伝いしてあげて欲しいな~ぁ
って思います  どうかな? (^-^) 
Commented by kodemari_e at 2014-02-01 23:45
bettyさん こんばんは♪
ご縁があるって  時々 色んな事で思う事があります。
逆に 縁が無くなると 本当に 偶然でも なかなか会う事が
無くなったりするんですよね。
色々 お話伺えて 本当にありがたいです。
金曜日の仕事の後に もう一度 病室に 顔出してみました。
やはり今は まだまだ お身体の回復に努めないといけない様子で
お医者様と ご主人は必要でも まだまだ 私が 何かできそうな
余地はなさそうでした。
お話するのも どうかすると疲れるかもしれないし、ご主人いわく
やはり 長期戦になりそう なご様子なので 長く細く 陰ながら
ご様子伺おうと思ってます。

bettyさんも 色々大変な事がおありだったのですね。
でも そうやって 同じ病室になられた方に その後もお見舞い
伺われるなんて 素敵だなぁって 思います。
私は 出産以外で入院した経験がないので きっと 寂しくて
暇な事もあるのかなぁなんて 思ったりしてしまいがちなんですけれど
それこそ 失礼な事で・・・
体験談聞かせて頂けて 本当にうれしい事です。
ありがとうございました。
Commented by kodemari_e at 2014-02-02 00:05
kuuminさん こんばんは♪
ご主人 出張に行かれちゃったんですね!!
海外出張ともなれば 国内とは違って 用意も大変、もちろんお仕事の
事もあるでしょうし・・・男の人って (人にもよりますけれど)結構
自分の事で手一杯になっちゃうものですよね。
きっと お忙しくて 大変だったのでしょう。
家だって 良くあることですよ(*^_^*)
でも この ‘話し方次第で・・・‘と言うのも 常に お互いが
でないと 一方だけだと余計ストレスが!!って事になりそうですよね。
本にはきっと そのあたりの解決策も書いてあるかなぁって 想像しています(笑)

>踏み込むのではなく、差し伸べる
本当に そういう事もありますよね。
そのあたりが難しい所なんですよね。私自身も 色々 言って下さっても
そうそう 人様に ‘じゃあ◯◯お願いします‘って いう事もないです。
ただ 本当に 長期戦になりそうなので 気にかけて 分からないように
時々様子伺おうかなぁって 思ってます。
いいご助言頂いて うれしいです。
本当にありがとうございました。
Commented by kodemari_e at 2014-02-02 00:21
sorachannさま こんばんは♪
ありがとうございます!
そうですよね。昔は もっと ご近所付き合いも 温かいものでしたよね。
私なんかも 叱られて 外に出されて泣いていたら 近所の方が 見かねて
一緒に家に言って 母に ‘家に入れてやって‘って 頼んでくれたり ありました(笑)
‘一週間に一度くらい・・‘と言われながら もう 二日後には
病室に様子を昨日見に行ってしまいました。
病状は なかなか厳しい様子で 本当に長期戦になりそうなんですよ。
看護師さんには ‘歩行器使って歩きたい‘と言っても ‘まだ 危なすぎるから‘
って言う言葉が返ってきた様子なのですが 私が‘今 病院内どこでも
インフルエンザやノロが流行ってるかもしれないから 体の弱ってるときに
万が一うつったら大変よ!もうちょっと元気になったら 歩行器でも
お散歩でも 出来るから もうちょっと待ってね‘って お伝えしたら 
心なしか 納得してくださったような気がします。
こういう事考えるいい機会を与えて頂いたと思って 気負わずに
私にもできそうなこと 考えてみたいと思ってます。
とても 力強いコメント 本当にありがとうございました。
Commented by sinco1111 at 2014-02-05 07:03
◯◯は話し方次第で9割うまくいく…のね…
でも、私がケンカになるのも、トラブル発生するのも、相手は◯◯じゃなくて、長男、なんですよね〜(; ̄ェ ̄)
もう、ずっとずっとずっと、なんですけど、この長男にはほとほと手を焼いてまして、常に常に、彼の事でトラブルが発生するのです。
彼だけが、私たち家族と同じ方向を向いていないで、違うものを求めている…そんな感じ、かな?
話し方ね〜、関係が上手く行ってないと、つい、トゲトゲしくなるしね〜
でも、イチゴ大福、とっても美味しそう♥️
うちの旦那さんも、よく、お土産くれます、素直に嬉しいですo(^▽^)o
職場の病院に入院されてた、昔のご近所さん、同じ病院に居るのかと思うと、確かに何回も覗きに行きたく、なりますね。
親戚じゃない、ただの友人としての お付き合いの仕方…確かに難しい所ですね。
Commented by kodemari_e at 2014-02-08 08:45
tomoさん おはようございます♪
コメント頂いていたのに 遅くなってごめんなさい。
子供って 小さなころから見てるし 私たちが育ててるのに
分からない部分だんだんと出てきますよね。
大きくなって離れていくにつれ 色々思う事もあるんだろうなぁ。
子育てがうまく(っていうのもどういう意味か 色々でしょうけれど)
いったかどうかは その子が40歳くらいになったころに 分かってくるって
話を聞いたことがあって 一理あるなぁって 思ったことがあります。
それだけ長い道のりなのでしょうね。
ご主人とは 本当に仲良しで お互い思いやりがあるご夫婦で
いつも 羨ましいなぁって 拝見していますよ♡
ご近所のご夫婦の事ですけれど その後も ちょこちょこお見舞いに
覗いてるんです。
病状が良くなってきたので 少し明るい感じになってきてホッとしています。
いつも うれしいコメントありがとうございます♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kodemari_e | 2014-01-29 18:39 | 日々 | Comments(16)