人気ブログランキング |

緑と花とお気に入りの          いろいろ           kobeより


by kodemarie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

◯◯は話し方次第で9割うまくいく そうです。




c0230109_17444244.jpg


日曜日 けんかして気まずくなって 散髪に出かけた夫。
帰りにケーキ買ってきてくれました。



タイトルの◯◯は ‘夫婦‘でした!
数日前の新聞の一番下の 宣伝欄に そんなタイトルの
本の紹介がありました。
サブタイトル ‘夫婦の危機を救う本‘
いざって時に ポチっとして 購入しようと 切り取って 
私の 欲しいものリストの中に入れました(笑)

話し方次第で・・・ って 確かにそうだろうなぁ。
長年一緒にいると ちょっとしたことで 話の中にも思いやり なくなってるからね、私も あなたも。

そういえば 先週 中学校の懇談で 毬ちゃんの担任の先生と話してた時に
‘こんなタイトルの本があるみたいなんですよ!‘って 私が言ったら 先生も
‘私も 新聞で それ 見ました。‘って 言ってらっしゃいました。
みんな結構 見た事あるかも(笑)

‘もし 私が購入したら 貸しますね!‘って 冗談で言ったら
‘ぜひ お願いします。‘って 結婚一年目の先生は真面目な顔でした。

そんな話は もちろん 本題の 公立高校志望校 最終決定の話のあとにしましたけれどね。


c0230109_17533032.jpg

昨日は 仕事先で頂き物したとかで いちご大福のお土産でした。

ケーキとかおやつ買ってきたら 喜ぶと思ってるようです。
まぁ 何もないより うれしいけどね。



今週のお弁当

月曜日 
エビフライ(毬ちゃんは エビフライはいやだそうで たれ漬けのから揚げ)
ひじき煮、青梗菜のナムル、ハム入り玉子焼き
c0230109_17553967.jpg


火曜日
紫蘇チーズ巻きとんかつ、コールスローサラダ、前日のひじき煮入り玉子焼き
さつま芋のスティック、野菜天ぷら
c0230109_1815455.jpg


水曜日
ピーマンと豚肉の生姜焼き、小さなイカとウズラ卵の煮たの
カボチャの煮もの、青のり入り玉子焼き
c0230109_18371533.jpg



昨日 私の車 どこからか油が漏れてたらしくて 夕方 車屋さんに
持って行きました。
オイルとエレメンツ?の交換でなおったのでホッ。

その後 夕方遅くに家に帰ってきたら 午後の授業から なんだかしんどかった 
とかで毬ちゃん、塾休みました。
熱はないんだけど(風邪でもノロでもなさそうだけど) ちょっと頭痛がして
しんどいそうで 今日も学校と塾休みました。
明日は元気になるといいけどなぁ・・・





ここから・・・  スルーしてくださいね。
ちょっと話が長くなります。 ごめんなさい。




今朝 私職場の病院に着いて 更衣室で着換えて 外来を通って
薬剤部(仕事は事務です)まで行く途中 すれ違う患者さまや出勤の方と
いつものようにご挨拶していて・・・

顔揚げて見たら知り合いの 近所のご主人。
私が7年前に住んでいた 今の家から200mくらい離れたところの
とてもお世話になった ご近所さんです。
奥様が 入院されているそうで 
ご主人はとても 寂しくて不安なご様子でした。

お昼に仕事を終えてから 病室にお見舞いに行ってきました。
70代後半の奥様、二か月ほど前から 息が苦しくて
食べれなくなったそうで びっくりするほど痩せ細ってらっしゃいました。
私が行ったこと とても喜んでくださって・・・
息が苦しいのに おしゃべりしたりして 後で 疲れてらっしゃらないかなぁって
ちょっと心配です。

16年前 まだ6か月だったお兄ちゃんを連れて家族三人で引っ越してきた古い住宅街。
常識的なこと 知らない 若い家族だった 私たちを 優しく迎えてくださいました。
その7年後 少し離れた若い人ばかりの 新しい区画に引っ越しましたけれど
前に住んでいたところは 本当に 色々教えて下さって見守ってくださる
年配の方が沢山いらっしゃって 有り難かったなぁって いまも思う毎日です。

お子さんがいらっしゃらないご夫婦だったので うちの子供たちの事
本当に可愛がってくださって、引っ越した後も 地域の活動で見守って
下さいました。

‘食べられないのよ・・・  歩行器使ってちょっとくらい歩きたいんだけど
 看護師さんには 頼りないから危ないからダメって 言われてるし。‘って 奥様。
人手不足の病院では そこまでのケアはなかなか出来ないんだなぁって
ちょっと内情が分かるだけに 悲しく思いました。

こういう時 自分の母だったら 一日の内 少しの時間でも 行って
相手するなり 付き合ってあげるのに、と思うと 何かじっとしていられなくて。 
でも 赤の他人の私 どこましていいのか 悩みます。

朝早くから 出勤の私と同じ時間に 病院にいらっしゃった ご主人様には
‘朝 7時半までに 電話くれたら 急ぎで持って行くものとかあったら
 私取りに伺って届けますよ。遠慮せず言ってね!‘って
お声かけて 自宅の電話番号と携帯番号渡しておきました。

‘何か出来ることあったら ほんとに言ってね!
 お見舞いとかちょこちょこ行ってもいいかなぁ?‘って お聞きしたら
‘一週間に一度でも 顔出してもらえたら うれしいよ‘って ご主人。

うちの母は 数年前に二度 膝関節交換手術で 一か月ほど入院しましたけれど
まぁ 多少術後のなおり具合に 一喜一憂して一時本人がナーバスにはなったのですけれど
食事もとれたし(私も毎日通ったし) そう問題はありませんでした。
だから 身近にこういうケースが無くて・・・

出しゃばらず ご迷惑にならずに 私にも何かできることがあればと思っています。 
良いアドバイスがあれば お願いしますね。






穏やかで平和な毎日でありますように。
by kodemari_e | 2014-01-29 18:39 | 日々